ののの通信さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

本日の作業 遊び人ミラ

本日の作業は、こちら『Ci-enの登録』と
魔王軍へようこそ5の追加要素で、『遊び人ミラ』さんの追加イベントです
ミラさんの追加は本日で完成しました!! やった!

さてHPにもチラッと書きましたが、
追加要素ではヒロインたちとの関係が重要で、
ミラさんともイチャイチャするイベントが追加されます
この度の記事ではそんなイベント文章を一つご紹介です
長くはありませんが、こういうイベントを複数用意しています。
今回は普通ですが、中にはHいのも……

こちらが遊び人のミラさん


酒場の人気者で、魔物に対して悪いことをしていても憎まれない、そんなミラ嬢ですが、魔物を率いる主人公にとっては、許せる相手ではありません
主人公とのバトルで敗れると、Hな制裁を受け……

さらにその後は、主人公の仲間にもできちゃいます
そして心を入れ替えた(?)ミラは……


空を仰げば強い日差しが降り注ぐ青空。
ミラと共に到着した海岸は、太陽以外も眩しかった。

ミラ「んも~ぅ! ホラホラ~、そんな顔しないで~!!」
……太陽の似合う美女とは、まさしく彼女のことだな。
先ほどからミラに近づく男どもの多いこと!

ミラ「あら~? もしかして妬いてくれてるの~?」
俺に腕を絡ませながら頬にキスをするミラ。
先ほどから、ギラギラした欲望に満ちた表情の男に声を掛けられるたび、ミラはこうやって見せつけている。

ミラ「ざぁんねん。 私、カレシがいるのぉ~<ハート>」
ガックリとしょげるだけの男はまだいい。
怒りに満ちた目で俺をにらまれたときは気分が滅入る。

ミラ「え~? こういうコトしないほうがいいのぉ~? ふふふっ、でもぉ、逆に燃えない~? ん~」</閉>
より周りに見せつけるように、組んだ腕に胸を押し付けてくるミラ。

ミラ「そぉんなに心配なら~…… 私のコト、離さないで<ハート>」
握った手に指を絡めながら、ミラは色っぽく呟くのだった。


☆ミラとの親密度が上昇しました

Event End

\いいね・ツイートで応援!/