ミンワさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

Twitterキャラクター紹介&テキスト配布

お世話になっております。

気張るはずだったci-enキャンペーンですが、更新が途切れてランキングからは遠のいてしまいました。
応援して下さった方には申し訳ございません。

滞った理由としては、一番はネタが無い・・・という事でしょうか。
いくつか記事を考えたものの、どうもポイントを稼ぐための粗製乱造感が否めなくて、何だか申し訳なくなった故です。

次の理由としては・・・

命が惜しくなってきたからですかね・・・。


何にせよ、色々と面白い経験も出来て有りがたいキャンペーンでした。
次回もあるとしたら、もう少し公約とか小刻みに作りたいですね・・・。




さて、私事ではありますが、Twitterでしょうもないコラがバズった事により、沢山のフォロワー様が来て下さいました。

それも記念して、改めてキャラクター紹介というものをツイートで行いましたので、今回はそれをまとめます。
初出の情報やマイナーな小話などもあるので、よろしければ。


https://twitter.com/minwagame/status/1143752773856481280


まずは主人公。

猟師の親が妖魔の子を殺してしまい、その報復で家族を失いました。
その後寺に引き取られ、しばらくの後、大明海に弟子入りするため旅に出ます。

しっかりと決まった設定ではありませんが、恐らく白念にとって僧侶としての生き方は合わなかったのだと思います。
山に住むようになってから、戒律もすぐ破りましたし。
彼はすごく力に飢えていて、ナメられたくない、無力でいたくないという強い衝動が、いつも物語の推進力になります。
次回作では、その執念がある種の呪いになって白念に襲い掛かるかも・・・。





https://twitter.com/minwagame/status/1144102625492623360


そしてマガツ。

一応ゲームのメインヒロイン・・・の筈なのですが、かなり扱いづらい立ち位置なので
活躍させにくいキャラクターです。
Rで不遇だった代わりに、新作では修業の回想イベントで沢山登場する予定です。

ちなみに、原案の民話では「鬼婆」ではなく「山婆」だったような気がします。
加えて、彼女の性格作りで影響を受けたのは、山婆よりも和尚様です。
飄々としていて、とんちで怪物を倒してしまうところがカッコいいですよね。

マガツの名前は「禍」とか「魔月」の音なんだと思います。
ちなみに制作初期は「黒」という苗字?みたいなのがありました。
その名残で、今もゲームデータを覗くと彼女のフェイスグラフィック欄は「黒マガツ」となっています。



https://twitter.com/minwagame/status/1144167507311284224


狐。

三枚のおふだを作る時に、最初に戦うキャラクターとして設計しました。

・造形がシンプル
・追いかける戦法がシンプル(走るだけ)
・妖怪としてポピュラー

等の点から狐になりました。

嫁狐は、作者にとって少し後悔のあるキャラクターでもあります。
マガツより彼女をメインヒロインにした方が、相関図の収まりが良かったのではないかと
ゲーム内の設定では、「まほろば山の狐で一番のべっぴん」「料理はかなり得意」らしいです。
蕎麦を打つ練習とかもしてるんでしょうか。


https://twitter.com/minwagame/status/1144162294563164162


あかなめも、ゲームの都合で設計されたキャラクターです。

・のろいからチュートリアル様に
・あっと驚くグラフィックの仕掛けが欲しい
・のろいからこそ、絡め手を多く持つ強敵

という感じで、無印では実質ラスボスでした。
三枚のおふだは1度、発売当初から大幅な難易度緩和が行われています。
緩和前のあかなめは「作者が数回やってギリ勝てるくらい」の難易度にしていたため
かなりお叱りの声を頂きました。
反省しております。
Rの彼女は牙を抜かれたのか、かなり弱めです。

友達のあかなめは、まだ固有名詞が決まっていません。
いい加減決めてあげないとな・・・。


https://twitter.com/minwagame/status/1144176192867557377


やまちちにも、コンセプトみたいなものがありました。

・足以外で移動できる
・次回作で使いやすいキャラクターにする

これが一番大きい特徴で、「足を封じれば移動封じができる」というルールを覆すための
キャラクターでした。
が、結局それは一面ボスの嫁狐がやってしまっていましたね・・・。

次回作で・・・というのはRの事です。
Rは一方通行ではなく、後戻りしたり拠点に戻ったり出来るようになるのは前から決まっていました。
なので移動係や会話の相手として便利なキャラクターにしました。

尚、白念に仕えた以降丸くなった印象の彼女ですが・・・
いじめっこ気質は果たして直っているのでしょうか?


https://twitter.com/minwagame/status/1144508876441579521


大明海の名前は「うさんくさそうな占い師」をイメージして付けました。
ちなみに彼女の名を検索すると、明海大学ばかりヒットします。

力を是とし、妖術ならぬ法術を武器に戦う法師です。
次回作でも意外な形で登場するのですが・・・
どうも彼女は、姿を偽っている間はかなり性格がおとなしくなるみたいです。

体術の心得もありますが、一番の得意なのは逃げること。
彼女の逃げ足の速さはマガツでも取り逃がすほど。
ですがRのあるシーンでは、法術の力も尽きた事により意地のぶつかり合いになりました。

彼女はマガツとは正反対の人物です。
共生より利用、即物的なものにこだわります。
マガツが母性的な存在なら、大明海は父性的な役割のあるキャラクターなのかもしれません。






・・・と書いていたら、思ったより長くなりました。
時間も時間なので、残りは次に回します!


そろそろ夏ですね。
熱中症に気を付けて過ごしましょう!

【 逢魔の入山手形(有料) 】プラン以上限定 月額:500円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:500円
購入する
\いいねで応援!/