Alteredさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

見抜きの記事(1)

エロRPG『催眠騎士リン・シラサワの供述(仮)』  進捗15 《イベントCG絵02》

こんばんわ。
大きな進捗ではないのですが、教会イベント『恵まれない人達へ見抜き奉仕をするシーン』の大ラフ原画になります。

あらすじ

精霊教会司祭「精霊の前での奉仕は、穢れのない姿(生まれたときの姿=全裸)で行わなければなりません。そうすることで、より、精霊を身近に感じ、そしてその身に精霊の御加護が訪れるでしょう」

リンは司祭様の教えに感銘を受け、精霊を身近に感じる格好となり、貧困により国境を越え逃げてきた不法滞在者がたむろする場所へと赴いて奉仕活動を行うことに。


リンの姿にどよめく、不法滞在者たち。
彼らをよそ目に全裸で炊き出しを始めるリン。久しぶりに見る女性の裸。しかも若く美しい身体。見惚れる不法滞在者達。中にはリンの美しい裸体を目前に我慢出来なくなり自慰をしてしまう者も現れ、リンは精液をその柔肌にかけられてしまう……。

人前で自慰ならまだしも、射精は穢れを嫌う精霊への冒涜だと怒り出すリン。
しかし司祭様にリンはたしなめられる。精子は穢れではなく、むしろ生命の根源であり、神の雫と呼ばれているほど尊いもの。それを頂けるのはありがたいことであると説教されてしまう。
リンは自らの過ちを認め、謝罪し、不法滞在者たちに股を開く……。

「みなさん、私の身体で存分に射精を……して下さい」

リンは木箱を並べて簡易的な"精霊へ祈りを捧げる台座"をつくり、台座の上に昇ると、股間を昂ぶらせた男たちに神の雫を求めるのであった――……。

司祭「うっ」


※フェチシズム【露出】【見抜き】【ぶっかけ】が付いている場合、絶頂差分あり

\いいねで応援!/

記事を検索