Cauf / BeeBeeBee Sep/05/2020 19:15

ゼロ距離。マママッサージチェアの解説とか

先日、弊サークルの処女作「ゼロ距離。マママッサージチェア」が発売されました。
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ298123.html

ご購入してくださった方々、応援してくださった方々へ、厚く御礼申し上げます。

今回は編集を中心に本作品について、少し解説をしたいと思います。
長い上に退屈な内容ですが、情報を入れた上で本編を聞くとまた違う聞こえ方がするかもしれません。
少々のネタバレを含みますが、お時間がある時にお付き合いいただけると嬉しいです。

全体

音量

声の音量を発音ごとに調整しました。
小さい発音は聴きやすいように大きく、大きい発音はうるさくなりすぎないように小さくしました。
ただしあくまで不自然にならない範囲で編集します。
ある程度自動でやってくれるソフトはありますが最後の段階は手でやります。

反響音

聞き手とママとの距離や、声量によって部屋の反響音(=リバーブ)の量を増減させました。
例えば、地下駐車場で、10m程先に立っている人がわっ!と叫んだ時と、隣にいる人が耳元でコソコソとささやいた時とでは、駐車場に反響する声の量が大きく違うことはイメージしやすいかと思います(前者は反響音が大きく、後者は反響音がほぼない)。
距離が離れているほど、声が大きいほど、声に対する反響音の割合は増やした方がより現実に近い聞こえ方になります。
これは私たちが日常で暮らしてる時も無意識でなんとなく理解していることなので、リバーブの調整は失敗するととたんに不自然に聞こえます。

環境音

時計の音と夜の車道の音を入れました。
音量の調整が難しいです。

リバーブをかけた環境音が常に鳴っているので、部屋の空気感を常に意識させることが出来ます。
また、後述のいくつかの効果を出すためにも必要になります。

ちなみに、車の走行音がよく聞こえる(=窓を開けている)ので春か秋、交通量から21時前後、幹線道路の近くに住んでいる、という背景設定もこれで一応表現してるつもりです。

01-導入

伝わってるか分かりませんが、中盤抱きしめる直前、声がちょっと上の方向に移動する感じを一応出したつもりです。
また、抱きしめる動きに合わせて声と環境音を小さくしてあります。
耳がふさがれてるシチュエーションなので。

02 - 全年齢マッサージ

眠気を感じるにつれ人の聴覚は敏感になります。
その時にうるさく感じないように、このトラックは少しだけ全体の高音を削り、環境音の音量も絞ってあります。
ただ、これだけだとトラックの切り替わり時に音量の落差が出てしまい不自然になります。
対策として、通常の音量と釣り合うように序盤は20秒あたりから徐々に音量を小さく、終盤はラスト20秒あたりから徐々に音量を大きくして繋ぎをなめらかにしてます。

あとなるべく急に大きい声や音を鳴らさないようにもしてます。
仮に最大音量自体は同じでも、ああああああー!と急に叫ばれるより、…ぁぁあああー!と徐々に声が大きくなった方がビックリしない、みたいな感じです。

肩叩き音は体に響く音を多めにしました。
もう少し音量を大きくした方が音としては気持ちよくなるのですが、うるさくなるのでやめました。
これもまた分かりづらいですが、肩叩き音に合わせて声と呼吸音に震えを入れてます。
握った手を打ち付けた時に息が震えるのをイメージしてます。

03 - R18マッサージ

トラック1の抱きしめとトラック2の耳マッサージでも使った手法ですが、舌や手で耳がふさがれた時に、動きに合わせて他の音の音量やらもいじると耳がふさがれてる感が強くなります。

耳舐めのベストな音はおそらく人によって違うと思います。
実際に体験してる人が少ないであろう音なのでこれに関してはリアルな音というより、聞いていて気持ちいい音を目指すべきかなと編集してて感じました。

最後、射精音は欲しいけれど入れるとリアルさが損なわれるかなと思ったので代わりに衣擦れの音をそれっぽく入れています。
足をモゾモゾさせてるイメージ。
衣擦れ音は長めに入れてもそこまで違和感がないのも利点。

声が反対側に移動しますが、
片耳で慣れさせた後、最後の最後でもう一方の耳からしゃべりかけることで、ゾクゾク感が増す気がするので入れました。

また、この時環境音を大きくしてあります。
絶頂で感覚が鋭敏になったイメージ、というのもありますが、環境音が大きい方が耳をふさがれた感を強く出せるので耳舐めの迫力が増す、というのが大きいです。

04 - 本番

トラック2の肩たたき同様、打ち付ける音に合わせて声に微妙に震えを入れてます。
たまに今震えたかな?と思うくらい。
確か震えを強調しすぎると不自然になるという判断だったと思います。

一回目イくときはのけぞった後枕元に倒れこむ動きを出したつもりです。
ここののけぞりはダイナミックにしたかったので、リバーブ量の調整を少し大げさにしました。
それでもちょっと分かりづらい。難しいです。

後半タガが外れて来て一瞬、一人称がママから私になってます。
自分でも、知らないで聞くと台本のミスと思いそうだなと感じたので一応。

ラストは枕元に顔を押し付ける、という動きを表現してます。
ここの動きは予定にはなかったのですが、いただいた涼貴涼様の演技がいい感じに迫力があったので、動きと声の釣り合いを取るために編集で顔を押し付ける動きを出しました。

ママは、聞き手の前であまりエッチな雰囲気を出したくない(?)という感じ。


こんな服着といて何を言うとるんだという気はしますがママはそういうママなので。
なるべく直接的なワードは使わないように心がけました。
乳首もさん付けです。
あくまでふれあいの時間を過ごしてるだけ…という言い訳をママは自身にもしてる設定。

長くなりましたが、だいたいこんなことを考えて編集してたと思います。
音響的に正しいのかは分かりません。
より作品を楽しむための一助になれば幸いです。

Search by Article Tags

Monthly Archive

  • 2020

Search by Exclusive Perks

Search Articles