【サンプルシナリオ】昼休みの円形教室で、自分からぱんつ脱いでささやきクリいじりでイかせてもらう

 ふふ。お疲れですね。
 お二人が戻るまで、少しお眠りになられますか?
 然様でございますか?
 では、お食事のご準備を。


 ……?
 それもよろしいのですか?
 え?

 いえ。とんでもない。決してそのような事は。
 そんな。笑ってなんて……。
 ふふっ。ふふふふっ……。

 ……だって、お嬢様ったら……。
 授業中、あれ程ぐっすりお休みになっていたのに。
 急に起き上がられたかと思ったら。

 ……あんな事をおっしゃるんですもの……。
 ふふ。ふふふふっ❤
 ええ、申し訳ありません……。
 笑ってしまいました。
 お嬢様が、あまりにも可愛らしいものですから、つい……。


 ええ。
 ……そうです。
 お嬢様が魅力的だから。
 つい、授業中も。

 このように、ちょっかいをかけてしまったのです。

 ふふ。
 お嬢様。
 ここは学校ですから。そのような声を出してはなりませんよ。
 うん?
 どうか致しましたか?
 然様でございましたか。
 そうですね。先ほどから、私がこうして。

 触れたり……。
 ふっ。
 驚かせたり。


 ちゅ。
 口づけたり。

 ふー……っ。
 ちゅ。
 れろぉっ……❤

 舐めたりしてしまっては……。
 そのようなお声が出てしまうのも、仕方ないのかもしれませんね。
 あら。お嫌でしたでしょうか。
 では、もう仕舞いに致しましょう。
 あまね様と日菜子様が、いつお戻りになるか、わかりませんものね。
 ちゅ。
 ん?

 ……ぁ……。

 ん……っ。
 ちゅ。ちゅ。ちゅっ……❤
 ちゅ……ちゅ。ちゅっ❤
 あぁんむ……。
 ちゅ。
 ちゅっ。ちゅっ。ちゅぱっ……。
 んっ……❤

 ふう……❤
 ふふ。
 お嬢様ったら。
 お口では『嫌』と仰りながら。
 本当はこれをしたかったのですね?

 ……もしかして、授業中から?


 んっ……。ふ。
 ん……。ちゅっ❤

 ふう……❤
 ダメではございませんが……❤
 『お嬢様はつくづく困った方でいらっしゃるな』とは、思います。


 お仕事が忙しかったとはいえ、授業中お眠りになるし。
 起きたかと思えば……。
 今の今まで。
 このようないやらしい事で、頭を一杯にしていらっしゃる。
 本当にいけない方ですね……❤

 そのようなお嬢様には。

 ちゅ。
 あんむ……。
 あぁんむ……。れろぉっ……❤
 れろ、れろ、れろ。
 れろ、れろ、れろっ❤
 ちゅっ❤ ちゅっ❤ ちゅぱぁっ❤ 
 はぁんむ……ちゅっ。
 ちゅぱっ❤
 ちゅるるっ……れろれろ……れろれろ……れろれろ……ちゅぱっ❤
 ちゅっ❤ ちゅっ❤ ちゅっ❤ ちゅぱぁっ……❤
 ちゅ❤

 ふ……❤
 はぁ……❤


 少々、おしおきをして差し上げなくては、ならぬかも知れませんね。 
 ちゅ❤


 大丈夫ですよ。お嬢様もすでに充分ご存知でしょう?
 昼休みのこの講義室には、通りがかる方など殆どおられない。
 購買に行かれた日菜子様は。
 パンをお選びになる時、いつも大変迷われて……。
 お戻りになるまではしばらくかかる。
 
 あら。先程と仰る事が違うのは、お嬢様もではありませんか。
 昼食をお召し上がりになると言ったかと思えば、『やはりやめる』と仰ったり。
 一体、如何なさったのでしょう。


 いいえ? わかりません。
 どうなさったのか、どうか私に教えていただけませんか?

 あぁ……わかりました。

 お嬢様は、ずっと。
 授業中、私に話しかけられた時からずっと。

 『せっくしゅしたい。シーラに学校で、後ろから抱っこでクリいじりされて。大好きな、キスしながらクリイキしたい』
 と思っていらっしゃったのですね?

 違う?
 そのようでしたら、もう昼食に致しましょう。
 お嬢様の時間は限られています。
 このような事をしている場合ではございませんね。

 うん?

 あら……。
 そのような事になっておられたのですね。
 それは申し訳ございません。

 では、お嬢様。
 今『濡れている』と仰られた箇所を、私に見せて頂けませんか?

 ここで。
 いつものように、私の足の間に来て。
 今『濡れている』と仰った部分を、見せて欲しいのです。
 スカートをたくし上げ、足を開いて。
 いつものように。
 『学校でおまんこいじられるのちゅき❤ 気持ちいい❤ せっくしゅちゅき❤』
 と仰いながら。
 恥ずかしいお姿を見せて欲しいのです。


 ふふ。素直で可愛らしい。

 全く。お嬢様は些細な事で、すぐ発情なされて。
 自分から足を開いて。
 このようにはしたなく欲しがって……。
 本当に可愛らしい……❤ 
 ちゅ。
 ちゅ。ちゅっ❤


 ええ。承知しました。
 ご安心下さい。
 すぐ気持ち良くして差し上げますからね。


 ん……。
 ふー……❤

 あら……こんなに濡れておられたのですか……❤


 はぁ、はぁ……❤
 凄い。
 このような音が出てしまうほど、欲情なさっていたのですね。
 可愛らしい……❤
 すぐに。すぐにイかせて差し上げますからね。  
 ちゅ❤

 はぁ……はぁ……はぁ……はぁっ……❤
 はぁ、はぁ、はぁ。
 ふー……。ふー……。
 ふー……っ❤
 はぁ……❤


 ……はい。
 お嬢様があまりにも可愛らしくて、昂ってしまっています。

 だって。
 まだ、軽くしか触れておりませんのに。
 もう、こんなにも身悶えして……❤
 こんなものを見せられては、平静でいられません。

 はぁ、はぁ。
 ……はぁ。
 はー、はーっ。
 はー……っ。
 ふぅうっ、ふー……う。
 はー……❤
 お嬢様は、本当にクリいじりがお好きですね……❤
 私に抱かれながら、こうして。



 ぬちょ、ぬちょ。ぬちょ。ぬちょ
 と愛液をクリトリスに擦り付けて。
 『あっ。あっ。あっ。あっ❤』
 と喘いで。
 快楽を求めて腰まで揺らされて……❤
 ここは学校なのに。お構いなしで、夢中になってしまわれるのですものね。
 そんなにも、気持ち良くなりたいのですね……❤

 可愛い。


 良いのですよ。ほら。

 ぬちょ、ぬちょ。ぬちょ、ぬちょ❤
 くちゅくちゅ、くちゅくちゅ。くちゅくちゅ、くちゅくちゅ❤
 クリトリスさんをさすって、気持ち良くなりましょうね……❤
 はぁ、はぁ、はぁ。
 はぁ、はぁ。
 はぁ……っ❤
 ふーっ……❤
 ……はぁ。


 少々動きを早めましょうか。
 このようなお姿を人に見られたでもしたら、大変ですものね。
 誰かに見つかる前に、ご満足頂かなくては……❤

 お嬢様はこうして、毎日。
 毎日メイドにイかされないと生きていけない。
 見つかりそうな場所でするのが大好きな。
 露出癖のある方である事が、バレてしまいますもの……❤

 はー。はー。はー。はぁ。
 はー、はぁ。はーっ、はー……❤


 あぁ……ここですね。
 お嬢様の大好きな、ここ。
 ここを、側面から優しくさすって……中心に向かって、斜めに動かして。
 この速さで。

 すりすり。すりすり。すりすり。
 すりすり
 とするのが、お好きですものね。
 はぁ……はぁ……はぁ……。


 ん……。
 ちゅ。んっ……ちゅっ❤
 ちゅっ。ちゅっ❤
 ……ちゅぱぁっ❤
 れろれろ。れろれろ。れろれろ。
 ちゅるるっ……❤
 はぁんむ……ぷちゅっ❤
 ちゅるっ、ちゅ❤ ちゅ❤
 んっふ……。
 はぁ……はぁ……はぁ……。

 あぁ……。
 お嬢様、可愛い……❤
 大好きです。私の可愛いお嬢様……❤
 ん……。
 あぁんむ……ちゅっ❤ ちゅっ❤ ちゅっ❤ くちゅうっ❤
 はぁ……はぁ……はぁ……❤


 あら……もうイきそうですか?
 学校でする時は、いつも本当にすぐイッてしまわれますね。
 いつも外でのセックスでは、沢山感じて仕舞われますものね……❤

 ええ、どうぞ。どうぞ絶頂して下さいませ。
 このように……。

 ん。

 唇を塞いでおいて。
 ん。

 差し上げますから……❤


 んれろぉっ……❤ んっく……ん❤
 んぅっ……❤ ん。んっ❤
 ふーっ、ふーっ。
 ふぅぅっ……❤
 ん❤
 んんっく……ん❤ ん❤ ん❤ ん❤
 んーっ……❤ ん❤
 ふーはぁ、ふーはぁ。
 ふーはぁっ……❤
 ん。んっ……❤ んーっ、ん❤ んぅ……❤
 んっ。ん……ん……❤ んんぅ……っ❤
 んーっ❤ んーっ❤ んーっ……❤
 んんぅぅっ……❤
 ふーはぁ、ふーはぁ。ふーはぁ。
 ふーはぁ、ふーはぁ。ふーはぁっ❤
 ふーはぁ、ふーはぁ、ふーはぁっ……。
 はぁ。
 はぁ、はぁ。
 はぁ。はぁ。はぁっ。
 はーっ……❤ はーっ……❤ はーっ……❤



 ちゅ❤
 ……ふぅ。
 ふふ。よくできました。
 んっ……。ちゅっ。ちゅっ。ちゅ❤
 とてもお上手でしたよ……お嬢様。
 ちゅ❤


 ええ……お召し物を直しましょう。
 あぁ……でも、こちらはお預かり致しますね。

 このような汚れた下着を身につけていては、気持ち悪いでしょう?
 ですから。お嬢様はこのまま。
 下を穿かずに。放課後までお過ごし下さい。
 ……ね?


 さぁ。もうお二人が来ますよ。

 ちゃんと上手に……誤魔化して下さいね。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles