龍トウ Mar/22/2023 00:44

<第2回無料記事>ヒロピン・凌○における女幹部の重要性を説く

前回の無料記事から第2回目でのオリキャラ紹介記事です。

前回はヒーローサイド、今回はヴィランサイド『女幹部』についての記事を投稿します。

女幹部とは、主に特撮における敵側の女性幹部のことを指す事が多く
お茶の間で見る男の子やお父さんの股間に嬉しい存在として古くからあった存在です。

『アブナイお姉さん』『悪いお姉さん』etc…

基本は組織に属し中間管理職をこなすキャリアウーマンの側面があり
現代で見ると女性の社会進出(悪の秘密結社だけど)とも
取れる先進的な存在でもあるのではないでしょうか?
過酷な労働環境下で毎度ヒーローに怪人を倒されては上に失敗を報告するという
社会人になれば苦労人枠でもあることが分かってくる存在です。

『女幹部に求める、自分の見解』
私個人のヒロピンにおける女幹部に求める意義は…凌○の名・進行役です。
ヒロピン(女ヒーロー)と女幹部は百合・レズと隣り合わせとなるシチュエーションであり
例えば凌○される側がムチムチの肉感に対して女幹部は一歩引いた所にいる引き立て役として別の魅力を伸ばす必要があると思うんです。

百合におけるタチ・竿役といった枠に属し「犯したい」ではなく「犯されたい」存在
である事が責められる側のヒーローとの絶妙なバランスが取れると捉えています。

野球でいうピッチャーにおけるキャッチャー、サッカーにおけるフォワードにおけるキーパーの様なそれぞれ別の魅力を付与してこそ至高のヒロピンシチュエーションになるのではないでしょうか?

デザインの研磨を繰り返して生まれたオリキャラ女幹部『毒宮(どくみや)さん』

前回の無料記事で紹介した主人公のコバル(コバルトブルーヤドクガエル)
と対になる存在としてデザインした(イチゴヤドクガエル)キャラクターです。

実は長年デザインを繰り返し行い『理想的な女幹部のデザインとは?』で
「1つの答え」に行きついたキャラクターであり、堂に入ったんじゃないか?
と個人的には思います。
イラスト各種見て頂ければムチムチの肉感とは別に服装によるスラッとした
ボディーラインを魅せる…服装→エロい 素体→美人さん 全体→エロカッコイイ
でバランスを吟味した珠玉のTHE女幹部に仕上げています。

キャラクター背景は『主人公コバルのかつての姉弟子』という存在で
下腹部に組織のタトゥーがある通り既に敵の手に墜ちた者として描いています。


↑悪の秘密結社の総統ちゃん↑

コバルの忍術や弱点を熟知している非常に厄介な敵として立ちはだかる
左のカエルの腕の義手や優しかったかつて面影も無い絶望的な状況を主人公にお届けします。

第2回は以上となります。
いかがだったでしょうか?よろしければまた次回も楽しみに待って頂けたら幸いです。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

  • 2023

Search Articles