イ教徒/ヒゲ May/06/2024 01:33

クレカ云々についてCi-enから連絡が来たのでそれを載せつつ、身もふたもない話をする記事

Ci-enからお知らせが来ていたので
一応記載した方が良いのかな?と思ったので貼ります。
ただ、その話は読んでも特に面白くもないのでコピペで済ませるとして
そんなことより身もふたもなさすぎる話をする!という記事です。

とりあえずクレカ云々について、
Ci-en公式が送ってきたテンプレをそのまんまコピペします。


4月末で意図せずプランを解約されたご支援者様へ

Ci-enでVisa、Mastercardの決済利用は停止しています。
クレジットカード不要でも支援できますので、
下記のステップをご確認の上、再度支援をお願いいたします。
※なお、5月中に再加入すれば、プラン加入継続月数は途切れません

<プラン再加入までの4ステップ>
1.支援状態の確認
●Ci-en 支援情報画面
https://ci-en.net/mypage/subscription
こちらの画面に、現在支援しているクリエイターが表示されている場合、5月分の支援ができています
もし表示されない場合はステップ2にお進みください

2.再度プランに加入する
●Ci-en 支援したことのあるクリエイター
https://ci-en.net/mypage/subscription/history
こちらの画面から、継続して支援をしたいクリエイターをクリックし、再度プランにご加入ください
利用できるクレジットカードをお持ちでない場合、あるいは、支援する方法が不明な場合はステップ3にお進みください

3.支援用にDLポイントを購入する
Ci-en関連サービスより、DLポイントを購入頂き、そちらで支援できます

●DLPayで購入する
https://dl-pay.net/
DLポイントのシリアルコードを購入いただき、シリアルコードを入力いただく

シリアルコード入力画面
https://www.dlsite.com/home/mypage/user/serial/point

●DLsite ポイント購入ページより任意の決済手段で購入いただく
https://www.dlsite.com/home/mypage/user/buy/point

※いずれもDLsiteアカウントが必要となります

4.DLポイントで支援する
DLポイントの購入後、Ci-enで支援する際、
支払い手段に「DLポイント」を設定し、再度プランに加入する

→ステップ1の支援情報画面に、支援したクリエイターが表示されていれば完了です


以上!

◆◆◆

で、身もふたもない話。

クレカの利用が停止したことで解約者が増えることから
公式がこういうお知らせをされていると思うのですが、
正直なところ私はクレカ云々を抜きに
普通に解約されているだけだと捉えていたりします…。

「クレカ停止に伴い整理するか~」という感じで
解約された分もあるかもしれませんが、
結局のところ支援したくなるような物を作っていたら
普通に継続して支援されていると思うので。


ただ、「実際クレカ停止に伴い支援者って減る物なの?」
という疑問に関しては、「はい!」という感じです。

というわけで、身もふたもない話なんですが
現在の私のCi-enの支援者数はこれだ!

もはや支援サイトというよりは、500円出してファミレスで私を含めた3人で
絵を描いて特殊性癖語りをしながらダベっている状況に近い気がしてくる…!

※なお、「いいね」は記事の中身を一切読んでいない人でも押せるので
いいね数は支援者数の指標としてはアテにはなりません。


というわけで、これがもし支援者が100人いるクリエイターだったら
クリエイターにとっての1人の支援者の重みは1/100ですが、
こちとらもはや1/2というマンツーマンに限りなく近い状況という
「一票の格差」の意味を学びやすい構造であると同時に
過疎の村の学校を彷彿とさせるアットホームな支援サイトになっております。

そのうち1/0という数学的概念へ向き合う支援サイトになる可能性も低くない…!

◆◆◆

で、わりとよくある絵描きの発言として、絵をアップした後で数字が伸びず
「私の絵なんて誰も見てない…」みたいに仰る方がおられると思うのですが、
私はそういうのは、あまりよろしくないと思っています。

ネガがダメとかじゃなくて、間違いなく「誰も見てなく」は無いんですよ!
「1いいね付いとるやろがい!」とか「一桁でも閲覧した人おるやんけ!」とか、
そんな感じで「本当に誰も見ていない」なんてことは無いはずなんですよ。

そんなこと言われたら、その1いいねを付けた人は
「俺のいいねは眼中にすら入らない無価値な物ってことか…」
と悲しくなるじゃん…
(私はクリエイター側である以前にまず、1いいねを押す側の人間なので…)。


というわけで、「支援者2人だぞ!」という状況ですべきことは
ネガるよりも「2人の方、ありがとう…!!」と言うべきなんですよ!
ホント、ありがとう…!
貴方のために更新していると言っても過言ではありません…!
(比喩ではなく人数の割合的に本当に過言ではない)。

◆◆◆

同人誌などにも言えますが、お金を出して頂いている物に関しては
お金を出す前の期待に応えられずにいたら申し訳ないという想いが強いので
(私は売上数よりも、購入者の満足度を気にするタイプの人間です)、
低評価が付いたり支援者が減ることに関しては
「ガッカリさせてしまったのだとしたらゴメンよ…」
という感じで受け止めております。

ただ、自分のやりたいことをやって行くしかないので、
方向性は変えずに「趣向の合致する人が手を伸ばしてくれたらいいな」
というスタンスで続けて行くしかないのですが…。

というわけで、私が好きで作っている物を
他の誰かに喜んで貰えていたらこの上なく嬉しいですが、
変にお気遣いはせんで大丈夫です。

◆◆◆

ちなみに支援して頂いていることに関しては、
「ヤベェ…ケツ叩かれてる…頑張らなきゃイカンからなマジで…!」
と緊張しつつめちゃくちゃビビる感じで捉えています。

いやホント、「支援して頂いた以上は絶対に頑張らんといかん…」
という感じで、支援は逃げ道を塞ぐケツ叩きとして最強に近いから…。
容赦なく支援でケツ叩けるタイプの人は強者だなと思う。


でもって支援者が完全に0人になった場合は
モチベ云々以上に責任が無くなるというのが大きいと思っています。

お金を頂いた以上は責任が生じるので、逆にそれが無い場合は
自分の気持ち一つでぶん投げたり作業を停止しても
特に問題無い状況になるというか。

いや、作りたくて作っている物なので
たとえ誰にも支持されていなくても頑張るつもりではいるけど…
ただやっぱり、責任の有無は物凄く大きいです。

「支援0でも何も変わりません」というのは
むしろ支援をして下さっている方に失礼な発言というか、
同人作業の後押しとして大きな力になっていることは間違いないので。
改めて本当に、ありがとうございます…。

◆◆◆

そんなこんなで、まとまりもなく身もふたもないことを書いた記事でした。

あと最初の話に戻ってクレカ云々に関しては、
私はFANBOXとFantiaもやっておりますので
「Ci-enでクレカ使えなくなったから他所で見るか」
という方は、そちらで見るという選択肢もあります。
ある意味で、一番簡単な解決法ではありますね。

ちなみに他のサイトでも同様に、
支援者数は過疎の村の学校みたいな状況です。

イ教徒/ヒゲ|pixivFANBOX

イ教徒のファンティア (イ教徒/ヒゲ)|ファンティア[Fantia]

サイトごとの規制の違いにより微妙に内容が変わることはありますが
(UIの違いに加えて、修正基準やNGワードが微妙に違ったりします)、
基本的に全てのサイトを同じ内容で更新していて、
一度の支援で過去の記事を全て見られる設定にしています。

というわけでお知らせ(?)でした。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles