Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

ProjectRepadars 2022年01月30日 23:31

【シネマの魅力解説1】 ロマサガ2とようこそシネマハウスへの共通点

ようこそシネマハウスへ複製原画展の開催記念という事で、お届けしてきたPC-98版の字幕プレイ動画ですが、遅れる事半年となりましたが2022年1月28日の「ようこそシネマハウスへ発売記念日」に合わせて完結致しました。

完結記念として、シネマハウスの魅力に関して「未プレイの方向け」「既存プレイヤー向け」の二つに分けてお届けいたします。

□YouTube字幕プレイ動画

 https://www.youtube.com/watch?v=fabeIi_M_pU&list=PLO1r9gpRwkLNya70yR10jEITy_jzVvajz

□ニコニコ動画字幕プレイ動画

 https://www.upload.nicovideo.jp/garage/series/232750

※YouTube版は広告なしで一括視聴が可能となっております。

□未プレイの方が感じる疑問点

本作品は、プレイされて心に残ったファンの方や著名人の熱狂的なファンが多い作品ではありますが、具体的に何が面白いのか何が要因になって気持ちから離れられないのかといった事が非常にわかりにくいゲームです。

https://www.youtube.com/watch?v=tm_qw40nT2Y&t=3s
プレイした事がない側から見ると、傍観者としての立場しか取れないので「映画を作るゲーム」「システムが凄い作品」といった形にしか読み取れない……かもと思います。
一応、ヒントのようなものが公式ガイドブックや、当サークルが公開しているようこそシネマハウスへの歴史に記載はされていますが、語るのが難しいレビュワー泣かせの作品であるのは発売当時から言われ続けてきました。

 


ようこそシネマハウスへ公式ガイドブック

ようこそシネマハウスへの歴史

□ロマサガ2とシネマハウスの共通点

未プレイのユーザーが手に入りやすく、わかりやすいゲームで例えるとするなら、「ようこそシネマハウスへ」と「ロマンシングサガ2」は非常に近い位置にある作品だと思います。
本作は発売日も近く、システムもストーリーも展開も全く異なる作品ではありますが、シネマハウスへで得られた感動同じものを味わうには、非常に似ているゲームです。

https://www.youtube.com/watch?v=UHAAi-SONEk
ロマンシングサガ2は、先代皇帝の意思を継いだ第二皇子ジェラールが、打倒七英雄を誓って仲間を集めていき帝国の領土を広げていく作品です。皇帝がどんな道に進んでいっても、決められた結末にしか辿り着くことが出来ず、選択によっては仲間を失う事も有ります。
そして、七英雄を無事に倒した際には、皇帝がこれまで築いてきた「皇帝の年表」が流れるのです。これはユーザーの行動内容によって、年表が大きく変化します。

https://www.youtube.com/watch?v=8vfSvyFRA5c
皇帝が辿った道で出会った仲間たちとの別れ、継承によって受け継がれた技、選んだルートで変わっていくイベントと年表。最後まで遊びつくして見終えた先には、かけがえのない皇帝と仲間との想い出が生まれます。

恐らく、年表制作まで終えた方の中にはゲームカセットのデータを消すことが出来ずに、ずっとその年表を持っておきたいという方は多いでしょう。私もその一人です。

https://www.youtube.com/watch?v=fabeIi_M_pU
これと同様に、ようこそシネマハウスへも「スタッフとの別れ」「選択によって失う仲間」が居て、選んだ道によっては見られないイベントや起こらない事件を経て、エンディングを見終えた先には「自分が撮影した映画の一覧表」が表示されて本作は幕を閉じます。

https://www.youtube.com/watch?v=Y9Es_6ErWaM

つまり、ようこそシネマハウスへを遊んだ事のある方の中には、ロマサガ2のように「自分が撮影した映画の一覧表」を収めたセーブデータのフロッピーディスクを消すことが出来ず、ずっとその年表を持っておきたいという想いをお持ちの方が多いのかなと。

作風は全く違っていても「心を抉っていき想い出が離れない」という現象にたどり着くという意味では、シネマで味わえる感動と非常にロマサガ2は近いと思います。

 

プレイ中の感動という意味では、この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの異世界編を旅している時と似ていると思うのですが、「何故ようこそシネマハウスへが好きだと言うのか」という理由の一つとしては、「ロマサガ2の年表を作った時の気持ちを得られる」からというのは、未プレイの方への一つの解のようなものになるのではないかと思います。

 

既存のプレイヤーにとっては大きく違うと感じられるとは思うのですが、シネマは面白いという意味での"お薦めのセリフ"みたいになればと今回纏めてみました。
何が面白いんだろう、という疑問に答えを出せるには難しい所ですが、プレイ動画を一周して見たときに、ああ、これがみんな好きで気持ちを奪われたんだという、一つの理由に気が付いて貰えるようになれば嬉しいです。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索