鉄鎖評議会 Apr/14/2024 13:19

制作雑記 2024.04.14

桜も見納め早くも初夏の空気を感じる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
時々お送りしてございます制作雑記、本日もよろしくお付き合いいただけましたら幸いです。


さて、ゲーム化に方向性の舵を切ったFallenNoble~EpisodeBell~でございますが、RPGにしたことで入れたいシーンが増え、構想だけでなく実際に製作に着手してございます。ベルティーナの枚数が増えに増え、30種ほどになったところでようやく満足に至りました。


そんな中から本日はこの一枚をお届けいたします。
以前からの傾向ですが、モノづくりとしては本当は良くないことなのですが私は削る作業がとてつもなく苦手で、結局詰め込みすぎる性質があります。
1種のCGで複数のシーンにまたいで使えるのでは、とは理解しつつもせっかくだから別CGにしてしまおうと色気を出した結果ではございますが、気合を入れて、手も早めてすべて完成させます故、是非お楽しみにしていただけましらと存じます。

さて、前回の雑記にてゲーム部分をお届けできましたらと触れましたが、本日はそちらも持って参りました。
まずはオープニング~探検のシステムまでを含めましたものがこちら


小マップをつなぎ合わせた一方通行のマップを、適宜進みたい方向を選びすすむ形式となります。
小マップには敵やアイテムが配置されていたり、イベントが発生したり、避けられないボスがいたりします。

また街の探検も、前作のような一つの大きなマップではなく、選択移動式を採用しております。


今作は『王都での生活』をメインにおいていないため、またあまり配置できるえちぃイベントがない故に探索の期待を裏切る形になる大マップの採用を見送りました。
ある意味狭く深く掘り下げるイベントの配置になっております。手軽に探索できるようになってございます為、是非見つけてお楽しみいただきたく存じます。

二人の少女の保護者達も装いを新たに登場してございます。時系列的には前作主人公リシアが白銀級冒険者に昇格したころ、終盤入り口あたりになります為、カノンさんはまだ雪解けしていません。自称敏腕メイドさんのイベントは…複数用意してございます。ご期待ください。


ちまちまと制作進行しておりましたアニメーション、1種は完成いたしました為こちらもお届けいたします。
戦闘システムは前作をほぼ踏襲しておりますが、Live2Dアニメーションとやや長尺になったアニメパーツにより、さらに臨場感のあるものに仕上がったと自負してございます。
残りの種類のアニメーションも、楽しみにしていただけましたら幸いにございます。



…と、本日お届けいたしたかった内容は以上となります。
お付き合いいただきありがとうございました。

3月中、少々制作できない期間があったことと、ベルまみれになってきたことでやや完成が遠のきはしましたが、6月ごろには体験版を、そしてそこからあまり間を置かずに製品版もお届けできるかなと予定を立ててございます。もう少々、お待たせいたしてしまいますこと、お詫び申し上げます。

Latest Articles

Search by Article Tags

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles