九条の会さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事
九条の会

ゆきゆきてCG集、ゆきゆきてモンスター軍 新着レビュー返信

「新着レビューのコメントをCi-enで返す」ってのを他の方がやられてて、販促的に割と有効だと思ったので、ここでやってみるのだ

2件同時に来ていたのだ……(ゆきゆきてシリーズという事なのか)

コスパがよい

ゲーム本編の後日談で、本編でエロシーンがなかった女の子や、登場した女の子の調教シーンなどが描かれています。
シチュエーションとしては、触手による調教、乱交などです。アヘ顔をさらしたり、快楽に負けて、セックスを懇願するシーンがよかったです。
差分のCGも多く、この値段としてはかなり充実した内容になっていますので、ゲーム本編をやったことのある方や気になった方は買ってみてもいいと思います
https://www.dlsite.com/maniax/work/reviewlist/=/order/regist_d/product_id/RJ112984.html/

結構ボリュームがある

登場人物が多く、様々な女の子たちを捕まえて、調教・凌辱することができます。
ひたすらレイプして拷問したり、悪堕ちさせたりすることができ、女の子の服がボロボロの状態で犯すのがエロかったです。
ゲームとしては、割りとしっかりとしたRPGで、アイテムを合成したり、自分のユニットを育てるといった要素があります。
難易度は意外と手ごたえがあり、一度死亡したキャラはロスト扱いになります。やばくなったら好きなタイミングで離脱できるので、そこまで難しくないですが、慎重にじっくり進めることが大切です。
ステージの数が多くストーリーもしっかりしているので、ちゃんとゲームがしたいという方には合っていると思います。
https://www.dlsite.com/maniax/work/reviewlist/=/order/regist_d/product_id/RJ080686.html/

ゆきゆきてCG集も値下げして100円+消費税ですからね、なるほど、そういう評価も分かる

ゆきゆきてモンスター軍の「死亡キャラロスト」は今もであんまりやってる人居ないのよね……、あと「好きなタイミングで離脱できる」にそうだったけ? となるくらい、もう覚えてないのだった……
そう考えると、SRPGとしては割と思い切った措置になっているのかなあと…


ありすの乳頭エロトラップダンジョンにも、作者へのメッセージの方で多分くれてて、

悪徳警官が本当に邪魔。警官イベントはいらなかった。

まぁ基本、駆け引きじゃなく、ランダムでかつ、マイナスしか存在しない邪魔キャラなのでヘイトが溜まりやすいのも分かったり。
何とかしようとしたけど、内部構造のしょぼさが思い切り雑さとして出てしまった感じですねえ……

\いいね・ツイートで応援!/
九条の会

(ブロマガでエミリアさん用コラム)自分の人生を生きられるSNSと殺戮の屠

*このメルマガは、エミリア氏のci-en
https://ci-en.dlsite.com/creator/1091
へ投稿したコラムです(ログ)

今回の漫画の元となっただろうskypeチャット:
2:36(111)
ぐへへ…
げひひひ
ネコバといぬとで
いかにキモイおっさんぽい発音ができるか
競っているのだ
げぴぃっ
ぐへええええ!!!!

九条エミリア 、3:43
げっぴぃ

3:43
いぬは完全に頭抜けているからな
しかしネコバもキモネコとしての意地があるだろう
深夜、駅裏のロータリーみたいな所で叫び合う合戦となるわけだわなあ


「もうこんな騒ぎは早く収束してくれと願っている。こんな事があってから皆、隠すべき醜い所が噴出しているようで気持ちが滅入る」
というコメントを海外の反応ブログで見た、
つまり、コロナウィルスにより、欧米でアジア人がすごい差別される、といった記事である。

疫病により、みな疑心暗鬼になり恐怖と義憤に狩られた虐殺が始まる……
というのはデビルマンだったか、まぁちゃんと読んだ事は無いんだが……。

そして今週はラブライブのポスターに自称フェミニストがクレームを入れて撤去、
そしてその報復? なのか? DMCAの悪用で、
一気に(そんな当該フェミニストともあんま関係無さそうな)左巻きの人たち、のアカウントが閉鎖されたりも今週だった。

何てことは無い、今や疑心暗鬼と不安と貶め、なすり付け合いが蔓延し、感染しているのではないか?
別に疫病の手に掛からずとも……。

SNSはもうやりすぎ……、もし次のテック界のムーブメントがあるとすれば、
それは”自分自身の人生を生きられる”SNSじゃないだろうか、
しかし自分自身になれるSNSって、どんなだろうね?
(鍵は自己実現や成長で、それは今でも恐らくudemyみたいな学習系、有料サロンに、
果てはもしかしたら情報商材(一発逆転)にも、その需要が底で繋がっているのかも知れないが……。
あるいは研究によれば自分の幸福よりも、他人の幸福の方が大きく感じやすいらしく
(自分に与える幸福は、ずっと幸福! ってならない、何か途中で何処かで濁っちゃう……)
それがVtuberのスパチャ額とかの理由だと解析されてるのを見たが、
その流れで言えば、支援系サイトも傍流なのか……とか。

ともかく今のSNSは連帯はあっても前向きな自己成長(幸福)感に乏しいのじゃないだろうか、
それならまだ宗教というコミニュティ、SNSの方がマシでは、という位に……)


とかまぁあるのですが、ここでラジオネーム礼門先生のツイを見てみよう↓

https://twitter.com/leimonZ/status/1229642772463800320

ゴッド松村は余りにも深淵であり軽々と語れるものじゃないので、
今回はあえてその周辺から語っていく事で、浮かび上がらせるプロセスを取ろうと思う。

つまりゴッド松村こと、置か岡さんの三作目である[殺戮の屠]についてである。

https://super-game.net/archives/1866398.html

と言っても今や販売停止になっている作品なので、記憶とこの記事を頼りに書くしかないが、
このゲームはGTA1〜2の頃のような
かなりのトップダウンビューで、ご多分に漏れず、
建物の中に居る人なんかを見つけては、マシンガンをぶっ放しまくるACTだったと思う。

だがGTAと違うのは、その相手となる人々というのが、
これが右(青色)は国粋主義者、左(赤色)なら暴力革命家、
中立(黄色)にしろカルト宗教やマフィア……とかであって、
必然、敵もやられっ放しではない。撃ち返して来る。
GTAの散発的に現れる警官どころではなく多勢に無勢、
敵の集会に単身カチ込んでも一瞬でミンチになる、くらいだった筈。

ではどうするか、このゲームが凄いのがここからで、
主人公は無色・透明な存在である僕……である。
彼がシャッポ、色付きの帽子を被れば、”色”を偽装できる。

つまり……、右と左を争わせたいなら、青色の帽子を被って、赤色のグループを襲い、
あとは色を脱いで、そこからも去るのだ。
そうなると自然に、わんさと追いかけて来た集団と、ビルの中で集会を開いているような、疑われた集団が
勝手に銃撃戦をおっ始め、血の現場が出来上がるって寸法。
ゲームも中盤になって来ると、重要なのは殺戮の腕よりも、
こうした虐殺の文法を先導する、
平たく言えば対立グループ同士の場所の確認と、逃げ道のルート確認が重要になってくる……と、
そういうゲームだったと思う。

では中立派は?
中立派は赤色に攻撃されれば青色になびくし、別の色でもまたしかり。
”中立派の主張は、自身の考えではなく、誰に攻撃されたかで決まる”
という訳だ。
マトモに争わせてもこりゃ数的に片方の勢力がボロ負けだな、というステージでは、
あらかじめそれで中立な人々を偏らせ、帳尻を合わせておくんだね。

…………。

おぉ、これこそ汚いシルエットミラージュ(?)
2014年のこの記事ではピクミンなんて書いてますが(でもピクミン同士は争わない訳で、この比喩は外してるかな…)
2020年のSNS疲れもとうに過ぎ、現実にまで波及するという今ならば、
妙に寓話的な意味を帯びているのだから、不思議だね。


あとゲーム制作的な面では、今週深いコメントを頂いた

東方ふくやぶり
https://super-game.net/archives/touhou-fukuyaburi-danmaku.html#comment-12297

もそうなのですが、吉里吉里Z製というのも興味深かった。
吉里吉里でアクションゲームを作っているのだ……
(その意味が、6年後の今週のコメントで合点が行くってのも不思議な気分だが……)

表紙の、
「今年の残虐ゲームはこれで決まり。」
「人を殺すゲームをお探しかい……?」
といったヒドイ文言に、妙に小慣れたセンスがある所にも射抜かれるものだが、
確かステージ中のBGMとかも、牧歌的な曲だったのが、いざ人死が始まると鬼のようなハードロックへ……とかなって、
ウケてた記憶があるな、どうだったかな。
こんなゲームがあったんです。

自分も昔の昔、

十塚30人殺し
https://www.freem.ne.jp/win/game/3278

なんてスクールシューターな、スカスカなフリゲを作ったりしてた時期があったものだけど、
とてもこんなクオリティのゲームは作れないなと当時、自分を省みたものである。
(吉里吉里Z製のアクションって、要はほとんどプログラム言語で構成するのに近いはずだから…)

その卓越したセンス・コンセプトに、そしてしっかりとした製作技術。
置か岡さんは今どこで何をされているのだろうか……ゲーム制作は辞めてしまったのだろうか。
(この後に一回相談のメールを貰って、それっきりなので……)
それは惜しいけども、でも何処かで生きていたらそれでいいわな、と思うのでした……。

SNSでも、案外繋がりたい人には繋がれなかったり…。

\いいね・ツイートで応援!/
九条の会

(ブロマガでエミリアさん用コラム)エロトラップダンジョン第二弾の下地を考えだす

*このメルマガは、エミリア氏のci-en
https://ci-en.dlsite.com/creator/1091
へ投稿したコラムです(ログ)


オタク文化とhiphopと俺と地方の関わりとかも書こうと思えば書けるのだが、
また長文になるな、
書く事はあるんだが、書く気力が無い、
[絶対服従プリズムスターズ -超自由RPGで恥辱の永遠命令させろ-]
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ266483.html
がもう怖くて見れてないが、プレイトータル150時間近くなってんじゃないかと思う、
これを一日4時間やってしまうと、もうその日はゲームなんかやらない! という気分になってしまうのだ、
だがそれでは立ち往かぬ、
なぜならゲーム感想を書くのが111なのだから。
まぁおかげでやっとラス面らしきまでは来たが……。
あいうえおの中にも、愛はあるんだからな……(それは前々作のRPGですね)

うわっ! なんやこれ!?
へっへっへ、クロムのここん所のこそぎ肉ですわ!
もうなんやねんっ、気持ち悪いっ!
(プレイした人にしか分からない話を、野性爆弾の感じでやるのであった)

・・・・

最近はspineのボーン設定を学ぼうとずっとデカパイ弄りをしているんだが、
胸、乳房、おっぱいといった物の揺れ方を深く考えると、本当に今まで見ていた物が疑わしくなるな、
乳揺れ……? 揺れるのは分かるが、あれをどうボーンで再現すれば……?
(Live2dとかの話は知らんが、spineには乳揺れに最適化したような設定とかは無いのだ)

これが霧幻天神流よ(ゆさっ)

・・・・

それでspineの設定を日々毎日やり、実際学べてるのか分からないというのはキツいものだし、
やっぱ自分は常にコードを触っていたい人間ですやんか、on dayで。
設定は設定として、別の事をやるのだよ。
次に詰まってるタスクは何か?
つまりは、エロトラップダンジョンの第二弾である。
(殆どの人は忘れてるだろうが、1つやっただけでは点、2つやって線、これで敏捷い人がようやく気付く、
3つで三角みたいな図形になり、おおよその人がやっと気付く……という理論で、
エロトラップダンジョンは3作出す、と前から公言しているのだ。

ところで、どうです?
最近前から111が提唱していた、エロトラップダンジョンもspineみたいなボーンツールもようやく増えて来てませんかね?
そうでもない?
こうなると、(前々から薄々感じてた同類項ではある)スマホのエロゲも来るんですかねぇとエミリア氏に告げた所、
もうあの人は、すぐ否定から入る。
それで日を改め、こんこんと事実を説いてやった所、
「流行るやんけ」
と了承したのであった。なんなんだ……

しかしspineみたいなボーンアニメのツールも、エロトラップダンジョンも、そしてスマホエロゲも?
前からこれは来ます、などと予想自体は出来ても、
spineは英語が分かんなくて操作の仕方から難航したし、
エロトラップダンジョンも自ら作ったものの、予測から完成までが余りにも遅すぎる、
スマホエロゲもまぁUnityが主戦場になるんだろうけど、Unity嫌いで知られる111だからなあ……と。
(もしかしたらツクMVでもいけるだろうか、次点でティラノスクリプト……?)

まぁ思うに例えばエロトラップダンジョンであれば、ツクMVで最適解で作れば良いものを、
自分の成長も重ねてやりたがる、それが111の詮無い所なんだろうな。


ともかくエロトラップダンジョン第二弾である。
今度はWヒロインだとか、もっとRPGぽい感じが欲しいですねとか、
続編に相応しいボリュームアップは色々企画出来るが
(逆に第一弾のおっぱい・ロリ乳首責め母乳噴かし特化、みたいなフェチ性癖に依らない怖さはあるが……)
まず自己の成長としてやりたい事が、この俺にはある。

第一弾の[ありすの乳頭エロトラップダンジョン]
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ209433.html
ではあろうことか、トラップの諸データからイベント管理、そしてイベント中のテキスト、使用画像やSEまで
全てプログラム内のコードに埋め込まれていたのである

だから、[nekoba1-1,nekoba1-2,nekoba1-3]
みたいにコード中で使用画像を宣言し、
別の場所にあるテキストから

"ネコバが喋る"
>>"@bazu-ka@「この革命は一癖あるぜ……。」"

等々していた。

>> は予め登録されていた使用画像を一枚めくる、
また@bazu-ka@はそのSEを使用するという事である…。

こんなのが全25イベントくらい? 細かい差分とか合わせるともっと?
という、それなりの文量になって、それを俯瞰して、果たして誰がピンと来ますか?

テキストだけではそのイベントにどの画像が使われてるか分からねえモンだから、
わざわざ別のエディタで
(えーっと、このイベントに使われてるのは……nekoba1-1だな……)
とか確認し、そのnekoba1-1をwindowsの別フォルダで開いてこれか、と確認する。
>>
の一枚めくりは一見、手軽でナウい若者みたいな実装に思えたが
画像差分が多く、テキストが長くなってくると問題だらけとなった(まったくの近視眼的であった)

>>の数え間違いやら、指定のミスで違う画像が表示されちゃう、
差分が一枚ずれてるんだよなあ、みたいな事が頻々と起きたのだ。

ずれてる事を確認するにもまず
[nekoba1-1,nekoba1-2...]
という使用画像一覧を見て、
それから>>の数、指定してる部分を一つずつ数え、どこでずれてるか目視チェック……がくっ。
(この際に@bazu-ka@ってどういう音だったけ? とかも気になるだろうが、それもその場で確認とかは出来ない。
それもwindowsの操作で別途、ファイル再生とかしないとダメなのだ)

それと根本的な問題だが、画像は戻るって事も考えられるのじゃないかね?
たとえば乳揉み差分とかあったら、揉み・離すなど、繰り返したい時があるんじゃない?
で、じゃあ今度は
<<(戻る)とかの機能を付け加えたら、
ますます画像ずれた時のチェックが手に負えなくなるねえ!
(実際には
[nekoba1-1,nekoba1-2,nekoba1-1,nekoba1-2]
と繰り返す分だけ同じのを宣言して、ひたすら読み込むようにして回避したんだが、これも……)

自らが設計したアーキテクチャなればこそ、自らの甘い考えを痛感させらるる

正直ゲーム的な遊びには乏しい、ADV的な側面も強いソフトなのに、
そんな所の手間から、文章の洗練にもなかなかこだわれなかった悔しさもある。
創作物というのは注ぐ労力に才能、肉体的な健康やそれに制作環境などが水を濾過する玉砂利のように重なった最後の一滴であって、
設計が、ツールがしょぼければ当然、
降りてくる結果、そのクオリティも満足に上がらないものである。

そこで第二弾に掛かる前に決めていたのは、まず初めにもうちょいマシな環境を作ること、であった。
そこからやらないといけない。
具体的にはまずトラップのデータを外部テキストに、
カンマ(,)区切りのcsvとして制定し、その上で独自に拡張する所もありますから、
その変換的なコードを書いたのだ今週は。

自分で扱うデータなのだから、自分の裁量で勝手に定義すれば良し。
自分のお金で好みのパンツを買い、今日からはそれを履くのだ


…などと謳歌していたら、再びエロトラップダンジョンクリエイターのバグ報告があったのだった。
もうええやろ……終わった話や…。
しかしこれにもある程度の責任を持っていかねばならない

毎週のように発見する事はあるが、しかし収入とかは特にそれと比例しないのだ……。
何故なら収入とは、前にも同じ物を集めたり同じ事を続けたりすると増えるよとかで触れたが、
とどのつまり、ポジションだからである
会社内なら役職のポジションは絶対だろうし、そうでないクリエイター業とかでも、
他より上だという位置付けがあるから仕事が来る、あるいは他より多く売れる訳で。
SRPGを作れる人が少なさそうだから、もし発売できれば儲かりそう、だからそうしようとする……、
そういうポジションを狙うことを決める。
努力も発見も、ポジションに貢献してこそ。

ただ発見をして日々草紙などにそれを書き綴ってる人は、まぁ昔風に言えば書生? 隠遁者? という類いであって、
歴史で見れば、それらのポジションが儲かる位置だった事は、あんまり無いわなあ……

\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索