牛乳ケーパー Oct/16/2021 03:51

看板娘の紹介(名前はまだ無い)


ヘッダーとアイコンでも使用しているこの娘の紹介をしていきます。

生い立ち

私達の世界で言うところの熱帯雨林、アマゾン、南米に当たる架空の地域で生活している先住民族の男性と、先進国から派遣された調査隊の白人女性とのハーフです。
特殊な生い立ちから現地での友人は少なく、「シャーマンの少女」にのみ心を開きます。


シャーマンの少女

眼鏡

幼い頃から母が現地に持ち込んだ本を電灯の無い暗所で読み続けたため、裸眼では生活できない程度に視力が低下しています。


眼鏡は母が内地から取り寄せたものですが、視力検査をしていないため「無いよりマシ」という程度で、調整もされておらず、長時間の使用は頭痛や目疲れといったストレスを伴うため本人は着用を嫌っています。

周囲からの評価

「不気味な女」と奇異な目で見られる一方、男達からは性的な関心を向けられています。
父親は彼女自身には興味も愛情も示しませんが、妻の面影を重ねて歪んだ想いを募らせています。

性格

物静かで大人しく、厭世的。一方好奇心が強く知識も豊富で、芯の通った考え方を持っています。
自分と周囲の人間の違いを正しく認識しており、「抜け出したい」想いとそれを叶えられない無力感に苛まれています。

考えている彼女の展開

先住民、父親によるレ○プ。シャーマンの娘との百合等考えています。別世界線では奴○として売られ慰み物にされる展開等。
基本的に「かわいそう」担当の予定です。眼鏡は絶対要素としてではなく、柔軟に着脱させていきます。絶対要素は「目が悪い」です。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Latest Articles

Monthly Archive

  • 2021

Search by Exclusive Perks

Search Articles