トラクトリ Jun/03/2023 11:54

ゲーム製作日誌23 地道な作業

みなさんこんにちは、ジャガー戦士です。

気づいたらもう6月!

ず~~っとC-en更新をサボりまくっていて申し訳ありませんでした。
裏では粛々と作業を進めていましたのでお許しください。

今回は
①ここ最近やっていたこと
②今後の作業

についてお話ししていこうと思います。

①ここ最近やっていたこと

4月までは大センカのsteam版対応にヒィヒィ言っておりました。
↓ちなみにこちらで販売中です。
https://store.steampowered.com/app/2178330/_DX/?l=japanese

というのも、実は大センカは開発段階で海外対応を全く想定していませんでした。
というか追加パッチすら怪しい感じでした。

途中からその対応をぬぷ竜さんに無茶振りして無理矢理詰め込んだので、
かなりバグが出たり翻訳漏れが出たりとてんやわんやになってしまったのでありました。

それでなくてもsteam対応版は初めて、海外業者とのやり取りも初めて…

いろいろと強引にねじ込んだ結果、なかなかお祭り状態でしたね。

しかしその苦労の甲斐もあったのか、なんとsteamで現在5万本セールスを突破したようで
海外需要の強さを実感するばかりでありました。

よかった~。応援・購入していただいた皆様、本当にありがとうございました。

・DECについて
さて、大センカもひとまず作業完了ということで、
次回作のDECについてです。

今どんな作業をしているのか?全体進捗はどんなもんか?
そこんとこ、お話ししていきます。

ここ最近はず~~~~~~~~~っとDECの作画をしておりまして、
ようやく9割程度作画が完了したところです。

セクハラされながら仕事をするシーンの絵などが多く残ってたので
そのあたりを。

こんな感じですね。

ちなみに強気なキャラが恥ずかし睨みしながらエッチなことされてるの、本当に好きなんです。



こういうのとか。

のこりは枝葉末節の部分なので、他の作業の合間にちまちまやっていけばムリなく描きあがるかなと言う感触です。

しかし、ずっと描いていて切実に思ったのですが…
「作画は人に任せたい」ということです。

大センカの開発では、めんどくさい部分は全部人に押し付…もといそれぞれが得意な分野を担当することによる作業スピードの最適化を経験してしまいました。

これがもう麻薬で。

その素晴らしさを知ってしまったので、自分で作画する時間がかなりの苦行でした。

何度「この作画、人にやってもらってたらとっくにゲーム完成しとるな…」と思ったことか。

DECが終わったら、また誰かに作画をしてもらいつつ開発したいなぁ…

そもそもDEC自体、作り始めてからもう2本も浮気してゲームを完成させてしまったといういわくつきのモノになりつつあります。

いまだったらもっと効率的に設計にしていた部分が全然あるゲームなので、
苦しみを感じつつ作業しております。
産みの苦しみとはこのこと…

でも出口は見えてきています。
萎えて開発中止の憂き目は恐らく心配ないでしょう。

話がそれました。

次はどういう作業をするか説明します。

②今後の作業

作画がほぼ終わって一安心と言いたいところですが、
これから完成した絵を使ってLive2Dを全て作っていきます。


いや簡単に書きましたがこれ…
全部をLive2Dにするの地獄なんすねぇ…

いや正確には全部ではなくて、動画にするシーンだけなんですけども…これが多い!

とはいえ、全体の進捗を考えれば、Live2Dを作ればあとはボイス発注してゲームバランス調整してスクリプティングして終わり!
なハズなので最後の山場です。

※スクリプティングも結構大変です…

とにかく気合入れていくで!



ある程度メインのLive2Dを作り終わった後のことですが、ボイス収録と合わせて最終的にはゲームのバランス調整しながら体験版をC-enでUPしていくというのがいいかなとも考えています。

それを有料コンテンツにしつつ、バグ報告もしてもらおうという算段です。
一気にリリースするとバグ取りが大変ですからね(2敗)

目指せ毎月更新…!

長々お付き合いいただきありがとうございました。

それではまた!

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Search by Article Tags

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles