Posted Articles

フェアリーメイト: 開発開始から1年


新作ゲーム「フェアリーメイト ~手乗り妖精と過ごす日々~」の進捗状況と、今後の方針についてお話しします。

現在の進捗


現時点での進捗状況は以下の通りです。
  • 企画&仕様検討 80%
  • Unityの復習/技術検証 90%
  • キャラモデリング 90%
  • モーション 70%
  • システム 70%
  • シナリオ 1%
  • Hシーン 0%

フェアリーメイトは、サークル初の本格的な3D作品であり、かなり意欲的な企画に挑戦しているため、思うように進捗が上がらず難航しています。

システムやグラフィック周りに時間を取られ、シナリオやHシーンの実装まで手が回らない状況です。


Hシーンについて


Hシーンについては、モーション作成や物理周りの調整は進んでいるものの、どのようなスタイルにするか迷っています。大きく分けて、「おさわり」と「ご奉仕系」で検討中です。

Exclusive to users above "Follower"Free

Ci-enの機能により、新着記事に気づきやすくなります。 フォロワー向けの記事を閲覧できます。

Free

"常連パスポートプラン" plans and above exclusive(s) Monthly Cost: 600 yen

極初期体験版

Monthly Cost: 600 yen

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

カルティベーター: 後日談


現在制作中のカルティベーター。
先日メインエンディングが完成したと報告しました。

しかし開発はまだまだ続きます。何を作っているかといいますと……。


後日談


メインエンディング後の後日談です。
十分に好感度(共鳴度)を高め、前提となるイベントを進めていくと、各ヒロインに焦点を合わせた専用シナリオが始まります。



個別エンディング

Exclusive to users above "Follower"Free

Ci-enの機能により、新着記事に気づきやすくなります。 フォロワー向けの記事を閲覧できます。

Free

"裏入館料プラン" plans and above exclusive(s) Monthly Cost: 300 yen

開発裏話を聞きたい人やCGを早く見たい人に最適です。

Monthly Cost: 300 yen

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

他サークル作品レビュー: 妖精中毒

皆さん、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか?
こちらは風邪でダウンしていました。


発熱

38度前後の熱が一週間以上続き、鼻、喉、歯、目などが痛くて、鎮痛剤無しでは寝つけない状態でした。


病院も閉まっていて、リゼの介抱が欲しかった……。

ようやく回復してきたので、ゲーム開発を再開したいと思います。
皆様も健康にはお気をつけください。



妖精中毒

風邪でダウン中に、こちらの作品を遊んでみました。 小さな妖精にテーマを絞った、非常に珍しいゲームです。 しかも「同棲/生活系SLG」ということで、フェアリーメイトの作者としては開発中から注目していました。



儚げな雰囲気の妖精ちゃんを育てるのですが、僕はフェアリーメイトでボツになったヒロイン名をつけて遊びました。初期ネームの「妖精」でも遊べない事はないですが、愛着が付く名前をつけてプレイするのを断然おすすめします。


「動物としての妖精」のリアリティに拘った作品で、本作のヒロインは人間と小動物との中間的な生き物です。
世界観的には虫人間なのですが、ヒロインに関してはモルモットや小鳥に近いかも?


それゆえお世話が必要ですし、言葉もほぼ喋れません。ただこちらの意図は、総合的な状況を見て察してくれる感じです。


お世話をするにつれて可愛く懐いてくれますし、Hなことも徐々に教えられるように。
僕はロリ性癖は持っていないので実用目的では使いにくいのですが、可愛くて癒やされました。


ほら、かわいい!

ハードリョナ

この作品には、他の生活/同棲系SLGと大きく異なる点があります。それは死亡イベントが多数存在することです。
飼育に飽きて捨てたら、動物に食べられて死亡。他人に乱雑に扱われて死亡といったように。自らの意思で、体をバラバラにしてなぶり殺す事すらできます。

愛着を持ってお世話をしていた妖精を死に追いやる(追いやられる)のは、非常に衝撃的でプレイヤーの感情を揺さぶる事間違いなし。生き物を飼う意味を考えさせられます。

「小さな生き物を愛でる喜び、支配することの愉しみ、もてあそぶ事の悦楽」という開発者コメントが、この作品の本質を表しています。


純愛ルートと、加虐ルートは選択肢で分かれていて純愛ルートのみプレイすることもできるのですが、トロフィーがリョナルートに誘う罪深さ。
僕は熱でうなされて寝れない時に、リョナルートのイベントCGがフラッシュバックしたので、以降は純愛ルートに絞ってプレイしましたw。




フェアリーメイトとは別方向に振り切った、小さいな妖精と暮らすゲーム。
ペット系ヒロインが好きな人、ロリ趣向の人にオススメです。
リョナラーにもたぶんお勧めだと思うのですが、詳しない分野なので各自判断してください。






フェアリーメイトの妖精

Exclusive to users above "Follower"Free

Ci-enの機能により、新着記事に気づきやすくなります。 フォロワー向けの記事を閲覧できます。

Free

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

カルティベーター: 142時間



ここ2ヶ月ほどは、ゲーム制作仲間の鈴木YEさんに、メインエンドまでの通しテストプレイをしてもらいました。僕(武藤FP)以外で全編をプレイしたのは初めてで、貴重なフィードバックを得ることができました。

鈴木YEさんからの感想


「ものすごく長い。ラスボスだと思ったらラスボスではない。」

「ゲームとしての完成度は高い。」

「ヒロインは通常のシナリオだけでなく、Hシーンでも心情や性格の深堀りがされていくのが特徴的。最初は印象が良くなくても、Hシーンを見て好きになったキャラも多い。」

「戦闘難易度はハード設定で、初見でもなんとか勝てるぎりぎりくらい。ラストダンジョン専用のシステムが面白かった」



プレイ時間

「ものすごく長い。」と感想を残した鈴木YEさんのプレイ時間ですが……。
142時間でした。


未実装要素も多いので、プレイ時間はさらに膨らむと思います。
完成版の目安プレイ時間は、高速プレイで40時間、標準80時間、じっくりプレイで150時間以上といったところでしょうか。





改良

Exclusive to users above "Follower"Free

Ci-enの機能により、新着記事に気づきやすくなります。 フォロワー向けの記事を閲覧できます。

Free

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

フェアリーメイト: かわいいと向き合う


今日は「フェアリーメイト ~手乗り妖精と過ごす日々~」で、メイト(ヒロイン)を可愛く魅せるこだわりについて書こうと思います。

カメラとポージング

同じモデルでも、カメラ設定やポーズが違うと、全く違って見えるので調整を繰り返してきました。




正面の上方から見下ろした構図です。
メイトが真正面を向いていると視線が合わないため、上を見上げさせています。悪くはないですが、さらに改良すると……。


右斜上にカメラを配置し、メイトの腰から頭部にかけてカメラの方へ"捻り"を一定割合で加えました。より可愛らしさがでているかと思います。



破綻を可能な限り減らす

Exclusive to users above "Follower"Free

Ci-enの機能により、新着記事に気づきやすくなります。 フォロワー向けの記事を閲覧できます。

Free

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

« 1 2 3 4 5 6 7

Monthly Archive

Search Articles