へどにずむ Jul/28/2021 20:21

新作ゲーム『冥府のこいびと(仮)』制作中です

新作ゲームの制作について、正式にお知らせとなります。
『冥府のこいびと(仮題)』という18禁ゲームを現在制作中です。

新作ゲームの概要

前作『破滅のかみさま』と同様の、18禁探索ADVとなります。
細部のシステムは詰め切れていない点もありますが、少なくとも戦闘などはなく、探索や会話を通じてストーリーを進めていくタイプの作品となります。

イベント部分についても、これまで同様にテキスト中心となります。
ただ前作でも取り入れた、カスタムピクチャ機能(手持ちの好きなCGを表示させられる機能)などは引き続き導入します。

また作品の規模については、前作よりも若干小さくなる予定です。
具体的には『破滅のかみさま』は全6章&END構成でしたが、『冥府のこいびと(仮)』は全4章&END構成の予定です。

価格についても若干安くできればと思ってはいるのですが、今回も数十万字レベルの作品になりそうなので、値段設定もそこまで大きくは変えられないかも…という感じです。ご容赦ください。

また発売時期についてですが、いまのところは「2022年内を目途」とさせてください。
以前は「どんなに早くても2021の冬以降」といった書き方だったのですが、さすがに年内は厳しい気がしてきたのと、正式なお知らせですので十分に余裕をもった表記とさせていただきました。もちろん来年といっても、少しでも早く出せたら出したいと思っています。
「目途」と書き添えていますように、制作状況やリアルの都合により、遅れが生じる可能性がありますのでご了承ください。

ストーリーについて

仮タイトルでも言ってしまっていますが、今作の舞台は冥府となります。
といっても、ホラー要素などがあるわけではなく、えろ自体はソフトM中心でこれまで通りです。作品全体のテイストでいうと、背徳感の強かった『愛情トキシン』と、結果的にわりと優しい世界観になった『破滅のかみさま』との、中間ぐらいになる予定です。

また冥府にまつわる有名な物語として、ギリシャ神話のオルフェウスの物語があります。「冥府から妻を連れて帰るためには、けっして振り向いてはならない」というお話です。もしくは日本神話の、イザナギがイザナミを黄泉の国に取り戻しに行くお話もそうです。今作の設定はこれらを下敷きにしています。

というわけで、具体的なストーリーについて、導入部のあらすじだけ少しご紹介します。
※『破滅のかみさま』でいうと、冒頭でクロと出会うぐらいの序盤も序盤の話です。

ある青年が、一人の女性を助けるために生きたまま冥府の底へと赴く。
そこで出会ったのは、冥府の女王。
女王は青年に対して、その女性を連れて現世に帰れたら願いが叶う、と告げる。
ただし、冥府には生者を引きずり込むための数々の罠が存在し――

……といった感じです。
もちろん、すでにある神話をそのまま単純になぞるだけでは新鮮味がないので、お話や展開には色々と変化をもたせています。
ただし!今回も「実用性を最優先」という基本方針はいつも通りです。ストーリーはあくまでも、えろさを引き立たせるための補助要素と考えています。

以上、『冥府のこいびと(仮)』制作のお知らせでした。
また詳しい進行状況などは、毎月の活動報告などでその都度お知らせするつもりです(今月の報告も2、3日中に出します)。

そして最後に支援者様限定で、ちょっとしたアンケートを。

"支援する" plans and above exclusive(s) Support amount:500 yen

By purchasing this back issue, you can view the exclusive bonuses for Jul/2021. What is a back issue?

Support Cost: 500 yen

  • Icon
    狭霧梓 ID00010205
    うわあ、楽しみです! ストーリー導入でもう夢と妄想が……。

1 tips have been sent.

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles